Beds24は素晴らしい!!

明けましておめでとうございます。

Airbnbと他のサイトを併用していらっしゃる皆さま
オーバーブッキングを避けるためのサイトコントローラーは何を使っていますか?

弊社の管理物件は、
Airbnbのほかは主にBooking.comを利用していますが
(Booking.comに登録すると、自動でagodaにも登録されます)
サイトコントローラーは「Beds24」を使用しています。

Beds24の素晴らしいところは、何といっても維持費の安さ!
たとえばAirbnbと連携可能な「手○いらず」などは、
初期費用や基本料金が高いです。
一番使い勝手のいい「手○いらずNET2」は
初期費用50000円、月額使用料が1物件につき9800円、
しかも2年しばりです。
部屋数の少ない物件ではコストがかかりすぎます。

おまけに、予約が入るたびに課金されます。
「手○いらずNET2」では1予約につき88円です。
キャンセルされても課金されるので
キャンセルの多いサイトで使うのはためらわれます。

次に素晴らしいのは、自由にカスタマイズできるところ。

たとえば、弊社管理下のあるコンドミニアムでは
Booking.comではルームタイプ単位
Airbnbではお部屋単位で予約を取っていますが
Beds24でvirtual roomやdependancyを的確に設定しているので
Airbnbのお客様は、Booking.comでの予約の有無にかかわらず
部屋タイプの在庫が0になるまで
希望のお部屋を予約することができます。

もちろん、Airbnb経由の予約を
Booking.comの在庫数に反映するという設定も可能ですので
オーバーブッキングの心配もありません。

Airbnbでは予約の入りにくいお部屋に
Booking.comのお客様を回す、
ということもできます。

次に、Beds24ではサブアカウントを設定することができるだけでなく
アクセス権限も自由に設定することができます。
そのため、オーナー様に予約状況の確認をしていただいたり
宿泊者情報や料金の確認をしていただくことも可能です。
(現時点ではAirbnbの料金は表示されません)

清掃依頼に役立つ機能までついています。

Beds24は海外アプリのため
マニュアルはすべて英語です。
ヘルプセンターへの質問も英語でしかできませんし
回答もすべて英語です。

自由に使いこなせるようになるためには、
論理的な文章を読んで理解できるだけの
英語力(と論理力?)が必要です。
試行錯誤を繰り返すことのできる忍耐力も必要かもわかりません。

検索してもほとんどヒットしないということは
日本国内で使いこなしている方は少ないのではないでしょうか。

Beds24を導入して、
Airbnbを含む複数サイトの予約の管理をしたい方は
弊社までご相談ください。
(Beds24導入のみのアドバイスはしておりません。)

複数サイトに登録にあたって
業者から、高額のサイトコントローラー利用料を請求されている方も、
是非、弊社にご相談ください。
ただし、Beds24は日本のサイトには対応しておりません。

追記(2020年2月)
2018年6月より
Beds24とstripeとの連携を使用しています。
無効クレジットカードを見分ける
自動集金する
などの機能が使えるようになり
ますます便利になりました。

なお、現在、beds24日本語にも対応しています。

弊社でもオーナーさまのご希望で1物件のみ日本語契約しましたが
英語版よりも高くつくのが難点です。
発行していただいたのはsub accountですので、
私の使い方にはあっていません。
ただ、日本語でのサポートが必要なオーナーさまであれば
英語版よりも多少高くとも、使う価値はあるかと思います。



コメント

このブログの人気の投稿

beds24日本語版の感想

適正価格考(1)