適正価格考(1)

本日、1件、お問い合わせがありました。
弊社への委託をご検討いただいているとのことですが、価格設定には関与したいとのことでした。

オーナー様が価格を設定したいのであれば、弊社は、勿論、オーナー様のご意向を尊重いたします。ただ、どこまで関与されるかによって違いは生じますが、今までの例では、うまくいった例はあまりありません。

たとえば、諸事情によって価格設定に弊社が全く関与できなかったある物件は、夏以外はほとんど予約が入りませんでした。夏はある程度入りましたが、安すぎるお値段でした。

こちらには、何度も、弊社に価格設定を任せるようにご提案差し上げてはいたのですが、残念ながら、うまくはいかず、最終的に売りに出されてしまいました。弊社としてもとても残念です。

また、オーナー様と相談しながらの価格設定も、オーナー様と意見があわなかったり、弊社が気を遣ってしまったり、意思疎通のタイミングがずれたり、誤解があったり、等々の理由で、やはりうまくいかないことがしばしばございます。

ですので、価格設定は、原則として、弊社にお任せ頂くのがよいかと思います。

オーナー様がご心配になるお気持ちはわかります。オーナー様主導で料金を決定頂くほうが弊社に取っても楽ちんなのですが、弊社にお任せ頂くことで、信頼関係が生まれ、信頼されると俄然頑張ってしまいます。

予約が入らないときはつらいですが...

もちろん、オーナー様のご意見は伺いますし、こちらからも、オーナー様のご意向を伺うことはあります。

それでもご心配な場合は、最初に最低金額を決めて頂くのがいいかと思います。

価格設定に関しては、弊社もまだまだ試行錯誤中で、失敗することもしばしばあります。
どちらかというと、失敗を重ねながら学んでいるというほうがいいかもわかりません。

ただ、弊社の「代行料」は、我々のこれまでの経験と市場分析を含んだものです。有効活用をされるほうがいいのではないかと思います。

以前、このブログで「値崩れ」について述べましたが、「値崩れ」は、直前割引によって起こるのではありません。直前割引はお客様の動向を踏まえた結果の割引です。

値崩れは、むしろ「需要と供給のバランスを無視した価格設定」によって生じると思います。

それによって、オーナー様は得ることができたはずの利益を得損うだけでなく、まわりの施設まで影響を受け、やがて、それが自分の物件に跳ね返ってきます。

今後、沖縄北部では、「需要」よりも「供給」のほうが増えそうな気配です。
そうすると価格は下げざるを得ないかもわかりません。それは仕方のないことです。

ただ、そのような中でも利益を最大限にもっていく工夫が必要なのではないかと、最近つくづく思います。

自戒の念を込めて。













コメント

このブログの人気の投稿

Beds24は素晴らしい!!

沖縄は民泊が増えすぎのようです

こんな物件は二度と出ないかもわかりません